記事・報告等
 
 研究発表

早稲田大学商学研究科 OBの研究発表


 ●経営情報学会2005年秋研究発表大会
  ☆宮元万菜美
    「M. E. Porterの戦略グループ論の批判的発展
    ―3つの「戦略グループ」カテゴリーの提案と「距離」概念の導入―」

  ☆若林眞己子
    「資源ベースアプローチによるダイナミック戦略論の発展
    −高速回転市場における間欠型競争優位の追求−」

  ☆嘉戸 淳成
    「パートナーの関係構造は競争優位にどう貢献するか? 
    − ERPパッケージビジネスの事例研究 −」


 ●経営情報学会2005年春研究発表大会
  ☆田村 健二
    ITアウトソーシングの形態論と運用論

 ●経営情報学会2004年秋季研究発表大会
  ☆森岡孝文
    競争戦略と企業戦略:区分から統合へ

 ●経営情報学会2003年秋季研究発表大会
  ☆堤満
    ISPビジネスの競争優位の変遷:6モジュールモデルを用いた分析と予測

 ●日本NPO学会2003年全国大会
  ☆水野清
    「市場・政府の失敗」補完の視点から見た企業の社会活動

 ●経営情報学会2002年秋季研究発表大会
  ☆猿田 礎
    電子商取引、決済、宣伝広告に関するビジネス方法特許の競争上の特徴

 ●経営情報学会2002年春季研究発表大会
  ☆門脇俊仁
    B2Cネットビジネス差別化における「ネット特徴要因」の影響力

 ●社会情報システム学シンポジウ2001年
  ☆海老根智仁
    サプライチェーンに対するオープン・クローズド性の違いによる掲示板の特性比較

 ●日本経営システム学会2001年春季研究発表大会
  ☆大野富彦
    勃興期のeマーケットプレイスへの提言

 ●日本経営システム学会2000年春季研究発表大会
  ☆森岡孝文
    企業間連携の効果とリスクの検討

 ●経営情報学会2000年春季研究発表大会
  ☆木村誠
    インターネット・プラットフォームビジネスの産業発展への貢献

 ●経営情報学会2000年春季研究発表大会
  ☆海老根智仁
    サイバーコミュニティを使った「ニーズ調査」の有効性に関する比較研究

 ●経営情報学会2000年秋季研究発表大会
  ☆鈴木聡
    三次元CADによるProactive Designingの可能性

 ●Fifth International Conference, Asia-Pacific Region of Decision Science   
   Institute(2000年)
  ☆木村誠(Makoto Kimura)
    Information Exchange Models of Internet Commerce-Platform Business
    for the contribution to the Industrial Development

 ●日本オフィスオートメーション学会1999年秋季研究発表大会
  ☆木村誠
    ビジネスモデルとしてのオープンソーシングの可能性

 ●経営情報学会1999年秋季研究発表大会
  ☆森岡孝文
    企業間連携の経済性概念の吟味

 ●経営情報学会1995年春季研究発表大会
  ☆海老原吉晶
    SSMによる情報システム活用領域の探索:名詞関連図利用の可能性

 

 公開記事
 
 ●第52回全国能率大会(2000年)
  
海老根智仁
    「サイバーコミュニティ・マーケティングの可能性」

 

 公開報告書等